flat(ふらっと)

【危険個所あり注意】真岡鉄道で日帰り鉄道撮影旅行

観光案内(定番/穴場)

街ぶら

下町

オンライン : 栃木県,芳賀郡茂木町 真岡鉄道

プラン料金 : ¥500〜  0.0(0)

rank-icon ガイド情報

日本全国を公共交通機関を用いて旅するのが好きな大学生です。
基本的には実際に自分が行った旅行の行程をご紹介します。
移動距離が長く、また徒歩移動も多い行程が中心ではありますが、一人旅・鉄道撮影旅などが好きな方には刺さるかもしれません。
本数の少ない地域では旅程を組むのが大変なため、そのお手伝い・参考例になれたらと思います。
是非ご参考にしてみて下さい。

プランのおすすめポイント

プランの流れ

所要時間

11.5 時間

スケジュール

8:07 下館駅発 真岡鉄道普通茂木行

8:28 寺内駅着
↓徒歩約25分
寺内~真岡間の有名撮影地「八木岡」にて撮影
(撮影場所は複数ありますので、ご自身で撮りたい位置での撮影となります)
(客車列車の撮影チャンスは2度ありますので、徒歩にて撮影位置を変えることも可能です)
※SL真岡送り込み回送(真岡9:26発下館行6100レ)
※SL真岡(寺内10:57発茂木行6001レ)
↓(徒歩約25分)
11:32 寺内駅発 普通茂木行

12:23 茂木駅着
(茂木駅の平成そばにて昼食可能)
↓徒歩25分+登山20分前後(時期による)
14:00頃までに茂木俯瞰撮影スポット到着
※SL真岡(14:28茂木発下館行)
↓下山15分前後+徒歩10分
14:55頃 道の駅もてぎ着
(間食・休憩)
15:25頃 道の駅もてぎ出発
↓徒歩約20分
15:50 茂木駅発 普通下館行

16:28 茂木駅着
※SL真岡(16:31茂木駅着6103レ 駅にてお出迎え)
↓徒歩約10分
宇都宮餃子みんみん 真岡店にて晩御飯
(この時間なら混む直前な上、鉄道旅行なので存分に飲めます!!!笑)
↓徒歩約10分
17:25, 18:28真岡駅発等の列車にて、好きなお時間にご帰宅ください。

備考

年齢制限

20 歳以上

最大定員

4 人

料金に含まれるもの

・当日の移動プランの作成手数料として\500頂戴いたします。
食費、運賃以外原則必要ありませんので格安の旅行となります。

準備が必要なもの

・運賃
※真岡鉄道線内はフリー切符をご利用ください
※茨城県民の方は「ときわ路パス」が非常に便利かつお得です
・食費(現金のみ利用可能な店舗が大半です)
・軍手、土で汚れても良い服装、長袖長ズボン等素肌の露出が少ない服装
・ばんそうこう等応急処置のできるもの
・夏は虫よけ必須です
・撮影道具

その他

・夏、初秋は避けることをお勧めします。
・茂木町の開発により、電柱が被りやすくなっている上、木々も伸びてきています。障害物の多い撮影になることをあらかじめご承知おき下さい(画像参照)
・茂木俯瞰は現在、枯れ木や茨により非常に到達が困難な状況です。登山時はできるだけ両手にものは持たず、足元が滑ってもすぐに近くの木を掴めるような装備をされることをお勧めします。
・途中いばらの木があります。怪我の防止のため、素肌の露出は少なめにしましょう
・前日に雨などが降っているとより滑りやすく危険なため、状況に応じて諦める等の選択をしてください
・リュックサックにすべてを入れることをお勧めしますが、途中背負ったままでは通行が困難な植物トンネルがあります。近くの木に引っ掛け、先に潜り抜けて後からリュックを引っ張りとおす等して突破して下さい。
・柵を伝って登っていきますと、途中で左手に平らな場所が現れますが、そこは目的地ではありません。もう一つ上です。
・撮影場所は狭く、大変危険です。絶対に気を抜かないでください、滑り落ちたらほぼ確実に大けがをします。
・そうなっても責任は負いません
・当日分からなければご連絡ください。

追加オプション

  • ・茂木俯瞰への対面でのご案内

    料金 : ¥4,000